Fresh&Dirty

NYC Candy Cab driver gives out free candy


NYCで毎回乗るタクシー、このドライバーのタクシーに偶然乗れたらラッキーかも

Mansoor Khalid 36歳 職業 NYCのタクシー・ドライバー
彼には、生後直後から心臓病を患う息子がいた
病気を治すためには高額な手術が必要で、彼は息子のために日夜必死に働き続けた
なんとか息子を助けたいと祈る気持ちで、とにかく必死に働き続けた

仕事が夜勤の際は、必ず、息子が入院している病院の近くを走り、深夜1時になると、
医者と看護婦のために病院へコーヒーとデザートを差し入れてた

「どうか息子を助けて下さい」と彼は毎日祈り続けた

しかし、小さな身体で、2度の心臓移植手術に挑み、腎臓の機能まで失った息子は今年の4月、
天国へ、まだわずか2歳、Mansoorの心からの願いも必死の努力も、結局、神様には届かなかった
彼は神様を恨んだ、絶望の淵に沈み、何もかもが嫌になった

ある時、タクシーに乗ってくるお客の中にも、ひどく傷ついた人々がいることに彼は気づく
自分と同じように、自分以上にうちのめされ、傷つき、悲しみを背負った人々がいる

そう感じられることが増えた彼は、傷ついた人々の心をわずかでも癒し、少しでも希望を取り戻してもらえるよう、タクシー内にキャンディーを用意し、プレゼントするようになった

タクシーの車内には「人生は短すぎる、だから自分の人生を幸せに生きよう」(Remember life is too short so be happy in your life!)のメッセージ
彼が、わずか2歳で亡くなった息子さんから教えてもらったメッセージ

@CandyCabNYC


b0171442_18344558.jpg
b0171442_18345349.jpg
[PR]
by swipe-inc | 2012-10-22 18:39 | NYC