Fresh&Dirty

Coffee



















マクドナルドが悪いのか?婆さんが悪いのか?


マクドナルドのドライブ・スルーで婆さんは孫と一緒に朝食を買った
コーヒーを置く場所が無かったので、自分の膝の間に挟む
コーヒーを飲もうとフタを外し、誤ってカップが傾いてしまい、すべて膝にこぼれてしまった
婆さんは重度の火傷で1週間の入院

治療費は1万ドル、治療が終わっても傷は完全には癒えず、ステラさんの足には火傷の痕が残った
火傷に苦しんだ婆さんは、マクドナルドに治療費の返還とコーヒーの温度の再確認を求める文書を送る
マクドナルドの返答は800ドルを支払うとの事

婆さんは弁護士に相談してマクドナルドを相手取り裁判を起こす
弁護士は依頼を受けた後、マクドナルドに行ってコーヒーを買った
コーヒーはかなり熱く、危険と言っても過言ではなかったと主張してる

婆さんはマクドナルドにホットコーヒーの温度を下げて欲しかったと、私のように苦しい思いを他の人に経験してもらいたくなかっただけと裁判を起こした理由を説明

裁判では、同様の苦情が過去10年間に700件あったことを示す文書を提出

原告の訴えに対しマクドナルドは、火傷の苦情は約240万回に1回程度で、稀なケースであるため、
コーヒーの温度を下げる必要性は見当たらないと反論
マクドナルドのコーヒーは他のショップと比べても特別熱くないと主張

陪審員による評議の結果、マクドナルドに80%、自分でホットコーヒーをこぼしたとして婆さんに20%の過失があると、その上で、マクドナルドに填補賠償認定額20万ドルの80%に当たる16万ドルを本来の填補賠償額として婆さんへの支払いを命じた

さらに、マクドナルドのコーヒー売り上げの2日間分に相当する270万ドルを懲罰的損害賠償額として、
婆さんに支払う判決が下された

しかし、最終的に双方の間に和解が成立し、マクドナルドは50万ドルの和解金を婆さんに支払っただけで、婆さんが数億円の賠償金を受け取ったという事実はない

婆さんの要望通り、マクドナルドはコーヒーの温度を下げることを裁判の後に決定している

事件の真実を伝えようと、マクドナルドコーヒー事件を扱ったHOT COFFEEという映画が製作された


b0171442_23103627.jpg


[PR]
by swipe-inc | 2013-11-07 23:12 | Food